学生成長記録システムの利用で期待できる「学修成果」の観点からの説明を加えました。
詳しくはこちらをクリックしてください。